パイピングとは

Pocket

バッグについているパイピングは、布や皮のほつれを防止するものになります。バッグにもさまざまな形があります。特に角の部分はぶつけやすく破損する可能性が多くなります。このように部分的に弱いところにパイピングを施すことで、製品自体が長持ちするようになります。パイピングがついていることで、下にバッグを置いた場合やどこかにぶつけてしまっても、パイピングが衝撃を吸収してくれますので安心です。バッグに関しては、一番破損しやすい場所としてあげられるのがかどの部分ですので、パイピングを行うことで、破損がやわらぎます。できるだけバッグ本体を長持ちさせていくのでしたら、パイピングが古くなってきたら専門業者に修理に出すようにしましょう。

修繕には専門業者に依頼することで、丁寧に修理を行ってくれますので安心です。常に使う場合や、使いやすいものは、自分で修理を行うよりも職人さんに行ってもらう方が綺麗に修繕してもらえますし、パイピングも自分の好みでつけてもらえる場合もあります。また、元々パイピングがついていないタイプのバッグもありますが、使っている途中でつけたいと言う場合でも、後から付け加えることも可能ですのでその場合は、修理業者に相談してみましょう。