バッグ修理は専門業者に依頼する

Pocket

バッグ修理は、自分でも多少のことは行えますがパイピングなど特殊な加工をしてある部分は専門業者に依頼するようにしましょう。バッグは毎日使うものですので、全体的な劣化よりも部分的な劣化の方が激しい場合が多くあります。例えば持ち手がボロボロになってしまう、留め具の部分がうまく止まらなくなってしまう、バッグの下の部分についているパイピング部分も破損や劣化は激しくなります。個人で修理できるように、さまざまな工具や材料もお店で売られていますが、簡単な皮や布のめくれなどは修理できてもパイピングなど特殊なものは、自分で修理するには手間も時間もそしてなおす知識も必要になります。簡単になおしてもすぐに壊れてしまうようでは困ります。

バッグ修理を専門として行っている業者は多くありますので、そのような専門業者に依頼すると良いでしょう。また、壊れてとれてしまったパイピングは捨ててしまわずにそのまま修理に出してみましょう。使えるようなパイピングは、修理業者がそのまま使って修理をしてくれますので、費用もその分抑えることができます。新しくバッグを購入するよりも、部分的な破損でしたら修理を依頼する方が金額的に安くなる可能性がありますので問い合わせや相談をしてみましょう。